キレイな住宅

リフォームの流れ

技術力が高いと評判のフレッシュハウスに改築依頼をしたい方は、こちらで様々な情報を見ることが出来ますよ!

割れてしまったガラスは、危ないので早めに修理を頼みましょう!ガラス修理を行ってくれる業者はこちらがオススメです。

住宅のリフォームをする時はまず不要な廃材をかき出すことから始めます。そしていよいよ古い床材をはがしていきます。その時床下の状態検査し、床をささえる土台・束及び柱が腐りや白蟻被害がないか入念に検査をし、異常があれば土台・束を新品や柱を新品に取り替えます。更に耐震のチェックをし、耐震金物を取り付け、強度をを今の基準に引き上げます。次にシロアリ防虫、防腐処理工事を行い、水道・電気・ガス工事をすませます。終了すると、床断熱材を隙間なく施工し、床に構造用合板を全面に貼ります。フローリングリフォーム工事は張替だけでなく、床下の防虫防腐及び耐震強化をしなければなりません。

床材を貼る前に、構造用合板に打つ釘が正確に施工してあるかまた打ち忘れがないか検査します。釘のピッチは130ミリで打ちます。これを怠ると、合板と下地木材との間に隙間が合板の浮きが生じ、家具などの重たいものの加重がかかると音なりの原因になります。 これらの工程が完璧に終えてから、フローリングを貼るというリフォーム工事にかかります。この時もフローリングの接着材、釘をメーカーで指定する箇所に忠実に施工しなければなりません。このように、リフォームは、新築より難しく、手間がかかり、しかも新しい工法もとりいれなければなりません。職人さんも腕がよくなくては務まりません。 ちまたのリフォーム工事は、ベテランの職人さんがたずさわることがまれになっています。フローリングリフォームは、大変難しいこうじなのです。リフォーム業者選びは我々素人には難しい問題です。

ご自宅のエアコンがカビ臭く感じてきたのでエアコンクリーニングをするなら、こちらの専門スタッフにおまかせしましょう。

トイレトラブルはこちらに依頼することで解決できます。専門スタッフがすぐに原因を突き止めて、対策をしてくれるので安心できますよ。

依頼してみる

「この家も住んでいてしばらく経つな」と感じるときがあるかもしれません。そういったことを感じたら、リフォームのことを検討するのも一つです。築年数が経っているならば、その分家は劣化しています。

リフォームで住宅維持

いつの日かリフォームという言葉が流行り始めました。リフォームとはメンテナンスから増改築までを含む家の改良工事を意味しますが、これが本格的に流行り始めてからはそれほど時間が経過していません。

リフォームの本質

街を歩いていると、たまにお化け屋敷のような住宅があります。築30年以上の住宅でそのような住宅が多いのですが、築年数が経過したからと言って必ずしも住宅がお化け屋敷のようになるわけではないです。